【事例#11】内定承諾率を175%改善!業務スマート化と両立した採用改革/クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社

最終更新日 2021年10月7日


※写真は提供いただいたものです

「LINEを採用に導入したいけど、他社の事例が気になる!」
そのようなお声を多くいただくようになりました。

MOCHICAを実際にご利用いただいている企業様にインタビューを行わせていただき、導入の背景や、その後の効果をざっくばらんにお話いただきました。

今回は「クリスピー・クリーム・ドーナッツ・ジャパン」様のインタビューになります。

エリア:東京都
企業名:クリスピー・クリーム・ドーナッツ・ジャパン 様
業種 :食品
ご担当者様名:渋澤 康介 様

内定承諾率が175%改善!限られた業務時間の中で可能にした業務のスマート化

---本日はお時間をいただきまして、誠にありがとうございます。最初にMOCHICAをご導入いただいた背景を教えてください。

導入前の当時、内定辞退率が高まっていることが課題でした。せっかく内定を出しても、辞退が発生してしまうこともあり、ここを何とかしなければならないと感じておりました。
また、コミュニケーションにかける業務時間が膨大になりすぎて、毎日メールや電話に採用業務の半分以上の時間を割いておりました。
これを何とかしたいと考えていた時に、MOCHICAさんを知ったのがきっかけです。
実は私は採用だけでなく、社内の教育研修担当も兼務しておりまして、どうしても日々の業務時間の全てを採用に割くことができません。そのような限られた時間の中で、最大限の成果を出すためにも業務のスマート化、業務改善の必要がありました。

---お一人で採用も教育も担当されているんですね!それはご多忙ですね。実際に導入いただいて、いかがでしたか?

そうですね。内定承諾率が175%改善しました!これまでメールや電話がメインでしたが、LINEを導入することでコミュニケーションが活性化され、こちらから送ったメッセージに対するレスポンスも非常に早くなりました。そのため、これまで多かった「会社のことがよくわからないから辞退する」ということがなくなりました。
また、業務時間もスマートになり、これまで半日かけていたコミュニケーション時間が半分以下になりました。ただ業務時間を削減するだけでなく、双方向のキャッチボールが多くなり、コミュニケーションのギャップが少なくなったように感じています。

---それは目に見えた効果ですね。何かコミュニケーションを取るうえで、心がけていることはありますか?

まさに弊社が掲げている「Little JOY(小さな幸せ)」というブランドスピリットですね。我々は「お腹だけでなく、心を満たす」という想いをもとに、関わっていただく方全てに感動的な体験をしていただきたいと考えております。それは採用においても同じです。我々と就職活動を通じて出会ったことによって新しい気付きが生まれると良いなと。それによって最終的に当社を選んでいただければ、この上なく嬉しく思います。

---非常に参考になる言葉ですね。そういった考え方がLINEを通して伝わったため、辞退率の大幅改善が実現できているのだと感じました。

エクセルライクのUIだから移行もスムーズ!リッチメッセージの活用で広がる「採用ブランディング」の可能性

---その他、管理画面を実際に触ってみて、いかがですか?

MOCHICA導入前はエクセルで管理していましたが、管理画面のUIもエクセルと非常に近いものがあったので、非常にスムーズに移行することができました。
アンケート機能なども活用させていただいておりまして、学生の意向をしっかりとシステムに統合して管理できるようになりました。

---ありがとうございます。我々も普段あまりシステムに慣れていない方向けにわかりやすいUI/UXを心がけておりますので、非常に嬉しいお言葉です。

はい。違和感なくシステム移行できたので、非常に助かりました!
今後はもっと活用していきたいです。今は個別の1:1のやり取りが多いので、今後はもっとリッチメッセージなども使って、社内情報の発信など、「採用ブランディング」をしていきたいです。

---我々もリッチメッセージの活用のサポートをいたしますので、是非一緒にコンテンツ作成をしていきましょう。最後に、今後MOCHICAに期待していることを教えてください。

学生の意向や行動をもっと管理画面でキャッチできるようになるといいですね。今後よりMOCHICAを活用して学生とのコミュニケーション以外にも採用ブランディングをしていきたいと思っておりますので、その点をさらに強化していただき、お互い成長していければ良いですね!

---本日はお忙しい中、ありがとうございました。

編集後記

クリスピー・クリーム・ドーナッツ・ジャパン様のように限られた時間のなかで思うように採用業務が進まない、学生からのレスポンスが悪いとお困りの企業様は多いのではないでしょうか。
LINEでの採用業務は作業工数を削減するだけではなく、有効的かつ効率的に学生にアプローチをかけることで『コミュニケーション活性化』を可能にします。
さらにインタビュー内にもあったように、1:1のやりとりだけではなくリッチメッセージ等を活用し企業様の特色や、社内情報をコンテンツとして配信できます。
その際のブランディングも、私たちMOCHICAがサポート致しますので、実りある採用活動を一緒に実現出来たら幸いです。

「LINEの導入を考えている」という方は是非お問い合わせください。

「導入事例」に関する資料を無料配布中

現在は「1人1台」と言っても過言ではないほどスマートフォンが普及し、LINEやTwitter・Instagramがコミュニケーションの主流ツールになっています。
従来、電話やメールは「連絡が来たら必ず応じるもの」でした。
しかし、現在ではスマートフォンとSNSの普及に伴い、つながりたい相手を選べるようになっています。

それゆえ、電話は「必ずしも出る必要のないツール」へと変化。
だからこそ、電話やメールを主軸に採用活動を進めていると「出てもらいない」「開封してもらえない」といった状況が発生しがちです。

直接話す分、電話には「学生の心情を推察しやすい」とのメリットがあります。
ですが、まず電話に出てもらえる関係を築かなければ、採用にはいたりません。
電話やメールと合わせて、学生の利用率が高いLINEで日頃からコミュニケーションを取った方が、学生1人ひとりと良い関係を構築しやすくなります。

MOCHICAは、「採用を”も”っと、”ちか”くに」をコンセプト展開する採用管理システムです。
下記フォームから、MOCHICA導入事例をまとめた資料を、無料でダウンロードいただけます。
LINEの導入を検討されている企業様や、学生とのコミュニケーションに課題を感じている企業様は是非お申し込みください。

以下の資料をご覧いただけます

資料ダウンロードフォーム